October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

女王アリ「ノラ」の観察記 4 引っ越し

 昨日、HACHITENの「アリンコ」の引っ越しが終了いたしました!

新居は、なんと「食堂」が別棟です!今日は、原信のおはぎのアンコ(笑)。

卵の数からいって、今までの石膏飼育ケースでは手狭になり、すでにカビも発生!

古巣と新居をチューブでつなぎ、いつでも引っ越しをできるように準備。

・・・が、なかなか新居には引っ越しせず、

 

ハタラキ アリ子さんたちは、大事な卵や幼虫、蛹はそのままで、

ゴミ?だけ新居に運んでそのまんま、引っ越しの気配なし。

新居をアルミホイルで暗くしてライトを当ててみたり、

新居の方の側のホースに餌を付けてみたり、人工的な地震をおこしてみたり、・・・

 

 

 でも結局最後は、今までのケースの蓋を少し開けて、そこから息を吹きかける「北風作戦」決行!

スゴイ慌てようが、おもしろい…。いよいよ古巣は危険と察知して、数匹が卵などを運び始めます。

途中、女王アリ「ノラ」がアリ子たちの協力を得ながら、ホースを通って新居に行くところです。

動画はFACE BOOKでどうぞ!

 

 

 移動中も、ときどき女王アリは古巣に戻ろうと、チューブの中に姿を現しました。

そのたびに私は古巣を持ち上げ、チューブの中を滑り台のようにして、新居に戻っていただきました。

 結局意味のなかったアルミホイルをはずしてみると、避難してきて一つの部屋に身を寄せ合っている状況でしょうか?

 

 

 

 飼育ケースではこんな風に身を寄せ合っていたんだもんね〜。

これはこれで、いい風景! 楽しませてもらったなぁ・・・。

触角をお互いバタバタさせた後、餌を口移しで与えあう姿、

あ〜もっと右、もうちょっと上・・・とでも言いながら身づくろいしあう姿、

そう、「・・・しあう姿」が、癒される。

そんな様子で全員が身を寄せ合う4畳半一間のアパート?が懐かしい・・・。

 

娘も引っ越した新居をアパートに見立てて「早く、満室になるといいね〜」と一言。

「早く」は余計だ。

コロニーはのんびり、ゆっくり成長させてほしい。あなたの成長のように、・・・。

 

新居説明書に大きいムネアカオオアリの場合、100匹になると増設が望ましい

・・・とのことなので、ゆっくりお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

comments

   
pagetop