July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

まちごと美術館 Cotocoto 「生協のチラシ ポテトサラダ」「くらげ」

 みなさま、県立近代美術館で、堀口大学さんにお会いになりましたでしょうか?

私はまだです・・・。でも中央図書館に、例の座右銘の直筆のものが展示してありました。

撮影禁止だったので、お見せできないのが残念!

 

 HACHITENでは、「まちごと美術館 Cotocoto」より新しい絵が届きました!

 

 Oda Junさんの「生協のチラシ ポテトサラダ」

新鮮なレタスに卵黄多めのポテトサラダ!ブロッコリー、ニンジン、赤いのはトマト?いやパプリカ?

ハムが多めで美味しそう!!!

Odaさん!この絵を描き終わった後に、一気に飲み干すジュース、さぞ美味しかったでしょう〜!

 


 suroadさんの「くらげ」

この間、TVで いしだ 壱成さんの新しいパートナーさんが、お互い水族館で一番好きな生き物が「くらげ」で、相性ピッタリと言っていた...。

あの、私もそうです。・・・と言うか好きな人多いと思います。

潮の流れに身を任せ、ゆらゆらどこへ行くのやら。どこにも引っかからず、ゆらゆら・・・

 

風に吹かれている「答え」を追い求めている人も、似たようなものかもしれない・・・!?

 

ボブ・ディランの歌と言えば、すぐに出てくるのが「風に吹かれて」。

私の生まれた1962年に作られた歌だと初めて知った!

歌詞は、1962年に雑誌「SING OUT!」に、ディランのコメントとともに掲載されたそうです。

この中での21歳のボブ・ディランの言葉が印象的!

 

「この歌についちゃ、あまり言えることはないけど、ただ答えは風の中で吹かれているということだ。答えは本にも載ってないし、映画やテレビや討論会を見ても分からない。風の中にあるんだ、しかも風に吹かれちまっている。ヒップな奴らは「ここに答えがある」だの何だの言ってるが、俺は信用しねえ。俺にとっちゃ風にのっていて、しかも紙切れみたいに、いつかは地上に降りてこなきゃならない。でも、折角降りてきても、誰も拾って読もうとしないから、誰にも見られず理解されず、また飛んでいっちまう。世の中で一番の悪党は、間違っているものを見て、それが間違っていると頭でわかっていても、目を背けるやつだ。俺はまだ21歳だが、そういう大人が大勢いすぎることがわかっちまった。あんたら21歳以上の大人は、だいたい年長者だし、もっと頭がいいはずだろう。」

ウィキペディアより)

 

21歳か・・・やっぱりノーベル賞取るくらい人は、違うね。

21歳でわかっちゃったのね...

21歳何してたかな・・・。

 

この動画最後までご覧ください!

最後は、ボブ・ディランが風に吹かれたように退場していきます(笑)

 

 

 

comments

   
pagetop