May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

リネンは夏だけのものじゃな〜い! 暮らしとおしゃれの編集室 2018.11.18

 暮らしとおしゃれの編集室「おしゃれさんコーディネート」vol.15は、

「リネンは夏だけのものじゃな〜い!」2018.11.18

 

使いこむほどに増す風合い・・・

体型を拾いすぎないシャリ感・・・

 

ウール混のリネンだけでなく、リネン100%も、

冬のニットのフワフワ感に、張り感をプラスするアイテムとして・・・。

 

異素材の組み合わせは、コーディネイトに奥行きを出します!

 

昔から、友達や先生にあだ名をつけるのが得意だったサトウは、品名もそのノリで安易につけます。

「ナイチンゲール」いかがでしょう?

 

是非、ご覧ください!

 

リネンは夏だけのものじゃな〜い!

 

←vol.14はこちらから

ポッコリお腹を隠せるショート丈トップス 暮らしとおしゃれの編集室 2018.11.11

おしゃれさんコーディネート
2018.11.11
〜長岡「HACHITEN(ハチテン)」vol.14 秋の着こなし〜


「HACHITEN(ハチテン)」の佐藤がお送りする「おしゃれさんコーディネート」vol.14は、
ズバリ!「ポッコリお腹を隠せるショート丈トップス」

 

ポッコリお腹を隠したい! そして少しでもバランス良く見せたい!
という願いを叶えてくれるアイテムは「ショート丈のトップス」。

 

今年の秋冬の傾向として、全体的にボトムのシルエットが太くて長くなってるので、
トップスはショート丈が多いですね。

 

お腹の丸みを拾わず、下のほうは影にしてくれるショート丈。
そしてなにより全体のバランスも良く見えます。


実は、ショート丈のトップスを探してはコレクションし、ワードローブにコツコツと貯めていました。

しかーし! 今年はショート丈が豊作の年です……(笑)。
楽々と素敵なショート丈アイテムが見つかります。


お財布の中身にも限りがあるので「必要なアイテムは何か?」と買い物計画を立てています。

あとは素材や柄、デザインを使っての足し算、引き算・・・で、バランス良く見せるコツ…。

 

あとは、webマガジン「暮らしとおしゃれの編集室」で、お楽しみください。

 

webマガジン「暮らしとおしゃれの編集室」

「おしゃれさんコーディネート」vol.14

完成させずに、・・・まぁ、いっか〜! 暮らしとおしゃれの編集室 2018.11.04

 完成させずに一つ外すのがオシャレのコツ おしゃれさんコーディネート 2018.11.04

vol.13 秋の着こなし〜


「HACHITEN」では「日常に溶け込むおしゃれ」を提案しています。

特別な日だけじゃなく、日常でオシャレを楽しんでもらいたい・・・

なので、楽チンで動きやすくて、頑張らなくていい服をセレクトしています。

 

日常のオシャレで気をつけているのは「完成させないこと」。

コーディネート完成の一歩手前。

あえて一つだけ外して、決めすぎないように・・・。

 

あとこんなアイテム、こんな色のアレがあると、

決まるんだけどな、完璧なんだけどな、

でも持ってないし、・・・

「まぁ、いっか〜!(まぁ、いいか〜の長岡弁?)」

日常に溶け込むおしゃれの魔法の言葉かもしれません。

 

おしゃれさんコーディネート 2018.11.04の記事はこちら

 

←vol.12はこちらから

 

ヤシオ。

 

「ぼくのすきなまちのゆうひ」まちごと美術館cotcoto in HACHITEN 

  「ぼくのすきなまちのゆうひ」まちごと美術館cotcoto in HACHITEN

 

「ぼくのすきなまちのゆうひ」が届きました!

「ぼくの好きな・・・」で、始まるこのタイトルにまず惹かれました。

 

列車に乗る人だけでなく、ビルや家の窓明かり、煙突から出る煙、

・・・川からはタコさんが姿を現しています。

しゅんすけさんの絵のなかの命のバリエーションがいつも楽しい。

 

例のリュックをしょった恐竜の赤ちゃん?が楽しそうに夕日に映る街を眺めています。

皆さんも、妄想にふける彼の「くうそうとし(空想都市)」をご一緒にお楽しみください。

 

今年の夏は、台風が近づくたびに、いろんな雲や夕焼け空を見ました。

 

 そんな空を見ながら、夏休み中の娘と私は「反省の色は何色か」を何度か話し合いました。

 

私は、なぜか美空ひばりの「♪真っ赤に燃えた〜太陽だ〜から、」

のフレーズが頭に浮かんだので、こんな風に彼女を元気づけようとしました。

「お父さんの反省の色は、真っ赤だな。ようしやるぞ!という意味での真っ赤!」

 

「・・・」笑いながら頭を横に振るあなた。

 

娘の反省の色は「紫」のようだ。それも限りなく黒に近いどす黒い紫・・・。

真っ赤とどす黒い紫の真ん中がちょうど「夕焼けの赤」かもね・・・。

 

真っ赤に燃えた恋の季節?が終わり、急に秋の気配を感じる今日この頃。

皆さま、風邪などひかぬよう気をつけてお過ごしください。

 

あたたかい秋モノを用意して、あなたのお越しをお待ちしております。

カジュアルハウスエイトとOlive 暮らしとおしゃれの編集室 2018.08.26

  暮らしとおしゃれの編集室 2018.08.26 より

 

 先週から引き続きのセットアップのお話。

今回は、blancのジャケットとパンツのセットアップのご紹介、

あと、サトウのベースとなる懐かしいワード満載のお話のVol12!

 

きっと昔の昔の私どものお店を知っている方にとっては、懐かしい・・・お話です。

もちろん、知らない方も「時代」を感じさせるキーワードがあると思います。

 

HACHITENの前身だった『カジュアルハウスエイト』の時代。

デニムにTシャツ、スウェット、紺ブレが流行ればそこに紺ブレをオン。

 

「東京ラブストーリー」が流行った頃は、

チノパン、シャツ、ツィードジャケットといったトラッド系コーデ!

 

そして、雑誌「Olive」。

憧れを抱き…つつも「あれは都会の格好だ」と思っていてあきらめていた頃。

色々なファッションを楽しみましたが、基本はカジュアル!

現在の私のベースは「カジュアルハウスエイト魂」と、少女の頃から憧れていた「Olive」なのかなって思います。

 

どうぞ、お楽しみください。

 

Webマガジン「暮らしとおしゃれの編集室」

「暑くても、オシャレゴコロは秋なんです!」長岡 HACHITEN Vol12

<<back|<123456>|next>>
pagetop