September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

図書館の日 「図書カムバック」

 今日4月30日は、図書館記念日、・・・だそうです。

車のナビが教えてくれました。

昭和25年4月30日、図書館法が公布され、

無料原則!が打ち立てられたそうです。

無料が、当たり前だと思っていましたが、

違う時代もあったんですね。

  

 

長岡も、今年は開館100周年!

きっといろんなイベントが開催されると思います。

 

長岡の図書館では、借りた本を入れるバッグが置いてあります。

寄付によってでしょうか、さまざまなデザインのバッグあって、

本とともにいろんなバッグを楽しめます。

 

 以前、多くの本を借りた時、ちょうど目にした汎布製のBAG!

なんだかとっても気にいって、しばらく借りていたことがあります。

今は、どこの地域の図書館にいるのでしょうね?

 

シンプルで、頑丈!意外と使い勝手がいいんです。

内、外のポケットの位置とサイズ感,ポケットは外に2つ、内に1つ&キーリング。

どこかもっと工夫するところないかな〜と思ったけど思い当たらない。

 

昨年、このバッグを見本にサンプルを作成してみました。

・・・が、お値段や仕上がりロットなどなど、いろんな事情で実現していません。

 

販売するときのキャッチコピーはこんな感じ。

 

 

長岡図書館開館100周年記念!

 

HACHITENがお送りする記念アイテムは、

その名も【Tosho Come Back(図書館バック)】

 

名前の由来は、

・期限までに本は Come Back(戻しましょう!)
・図書館に Come Back(戻っておいで、一緒に利用しましょう!)
・紙の本にCome Back!(ibooksもいいけどたまには戻ってきて!・・・という紙本の叫び!

 

ゴールデンウィーク、図書館でのんびり過ごすのもありかな・・・。

お空の建設業者

 HACHITEN近くの、建物が解体工事に入りました。

今朝、出社したら、窓のある外壁が1枚残されていました。

なんだかその姿が、青空を背景に「凛」として見えたので、パチリ!

 

建物の解体風景を目にして、今までと違った風景を目にすると、

解体業者さんは、お空の建設業者さんだなぁとつくづく思います。

 

最近、自分の身の回りのモノについて、考えたこと。

 

建物だけでなく、どんなものもいつかは壊れるし、壊される。

 

大事に使うことももちろん大事だけど、

それにばかりに気を使って、そのもの本来の機能を楽しまないのは、

とってももったいないこと!むしろそのモノに失礼じゃなかと・・・。

 

大事なギター、バイク、磨いてばかりじゃつまらない。

自分に寄り添う曲や人を楽しませる音を練習して響かせて、

一人でも仲間でも、いろんなところに一緒に出掛けていって、・・・。

 

傷がついたって、塗装がはげたって、

それがその機能を楽しむためにつく傷なら、

あんまり気にしないこと。

「味わい」って思うこと。

 

壊れたところがあったら、直して使う。

直せる人を探す。出会いもある。それも楽しみ。

壊れて初めてわかるモノの仕組み、パーツの役割。それも楽しみ。

 

あなたの情熱で使い切ってあげよう!

 

私も50過ぎて、自分の身の回りのモノがどうやら、自分より長生きするな

・・・と、気づいてからそう思うようになりました。

あと、自然にピカピカ新品が似合わなくなります。

 

モノとの付き合い方、人それぞれ・・・ヤシオ

街の灯り

 まちごと美術館cotcoto in HACHITEN

3/16(金)「しゅんすけ」さんの絵が届きました!

 

「SAGATA2016」は、生きとし生けるものの大行進!

もう説明なんてできない、抱腹絶倒のあと、涙する絵です!(笑)

なんとなく手塚治さんの「火の鳥」を思いだしました。

 

画像の「星空」は、家族の団欒を思わせる満月の夜!

シーンとしたにぎやかさ?とでもいいましょうか・・・。

 

しゅんすけさん曰く、

「みんなに見てもらえる時間が長くなれば、と描く要素をどんどん増やした」

「キャラクターのような動物を描いたところ、みんなに喜んでもらえた」

「描いているうちに、周りの人が喜ぶ自分の画風が好きになっていった」

「なにより、絵を見て笑ってもらえることが描き続けるモチベーション」

とのこと。

 

みんなの喜ぶ絵が、自分も好きになった。

 

しゅんすけさんの絵は、その緻密さに驚きと笑いを誘い、ストーリー性に涙する・・・。

そんな絵のような気がします。

 

これから日が段々と長くなって、星空が見れる季節になってきますね!

地上でも、お空でも、家族団欒、宇宙団欒が描かれたしゅんすけさんの「星空」

 

BGMは、昭和の名曲「街の灯り」作詞:阿久悠 作曲:浜圭介

は、いかがでしょう?

「街の灯りちらちら〜、あれは何をささやく〜♪」

中居くん、若っ!

まちごと美術館cotcoto in HACHITEN 新井里沙さんの「ガーベラ」

  まちごと美術館cotcoto in HACHITEN

 

 画像は、3月から展示している、新井里沙さんの「ガーベラ」です!

新井さんは、1度にチューブ一本分をきれいに使い切る画法。

たっぷり絵具をだして、じっくり色を重ね表現された、盛り上がった絵が新鮮です。

スマホや、画集で見る絵では感じられない「波動」が伝わってきます。

 

色も、優しいガーベラの色を表現していて、私も大好きな絵の1枚です。

この機会にぜひ、ご覧ください。(3月22日頃まで展示予定です)

 

「ガーベラ」と言えば、・・・

 

2/25 サトウの「暮らしとおしゃれの編集室」の第4回の

「ハレの日に着る服、選び方の秘密」で使用いたしました。
画像が小さくてわかりずらいのですが、・・・

 

ハレの日の服には、お花がよく似合います。

ガーベラは、ハレ(非日常)とケ(日常)でいうと、ケの方でしょうか?

 

でも、やさしい色合いと、色の豊富さ、まん丸なお顔は、なんとなく見るものをほっこりさせてくれます。

 

NHK 東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」 でも、皆さん手に1本のガーベラを持って歌っ​ていたのを思い出します。
 

歌を作られ、映像を担​当された岩井俊二さんが、

ガーベラはたく​さんの色があり、華やかで誰が持っても美しい、

ということで選んだそうです。

花言葉も「希望、​常に前進、忍耐」など、これからの時期にピッタリなお花です。

 

出会いと別れの季節・・・!

不安はそのままに、淡々とお過ごしください。

連載中ですよ〜3

 

こんにちは、HACHITENのアダチです!

 

先週のバレンタインデー、サトウさんとコバヤシさんからチョコをいただきました〜!

 

パッケージが可愛かったので一枚パシャリ!

 

 

おいしくて食べ過ぎました、ごちそうさまでした〜!

 

 

今週のwebマガジン「暮らしとおしゃれの編集室」のサトウさん、

 

お花柄のワンピースをさらりと着ていましたね〜!

 

経験値の違いのお話しをしていましたが、確かに、、納得!

 

同じ洋服でも、年齢や着る人でずいぶんと印象が変わることがありますが、

 

これまたいつも不思議だな〜と...。本当に不思議です、面白いです!

 

今回も随分と試行錯誤しながらの撮影でしたが、相変わらずサトウさん楽しそうでしたよ!

 

いつも...(笑)

 

 

楽しむって大事なことですね〜(改めて実感!)

 

 

それでは来週もまたみてね〜(サザエさん風)スミマセンまちがえました!

 

来週もまたお楽しみに〜。

 

<<back|<1234567>|next>>
pagetop