May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

たまには、「たかが服」 

 先週、青葉台で時間が少しできたので、公園に車を止め散策。

 前日の雨にぬれた落ち葉の道を歩いていたら、なんとなく走り出したい気分。

 

最近、運動していない膝に、こんな道はやさしい。

ついつい1時間ほど、走ったり、歩いたり・・・。

 

途中暑くなって、長袖を脱ぎ、半袖になる。

普段着で走ったのは、どれくらいぶりだろう?

 

子供のころは、何をするにも、それ用の服なんて無くて、

野球でも、サッカーでも、自転車でも、砂遊びでも、おんなじ普段着か学生服。

 

たまには、「たかが服」

汚れたら、洗濯すりゃいいじゃん!で、

ふと、思い立ったことをするのも良いかもしれない。

 

脳みそまで昔に帰ったのか、

暑くなって、ニットキャップを脱ぐとき、

頭を振って髪を整えるしぐさをしていた。

 

5mmの長さの髪では、・・・

 

必要のない、・・・

 

ただの首の運動でした。

 

明日は、曇り空の予報、

暖かくしてスポーツの秋、おたのしみください!

 

明日、日曜日はHACHITEN定休日です。

 

ヤシオ

グッドラック!

 一週間ほど前、庭の掃除で、栗のイガを片付けていた際、左親指にチクリ!!!

イガのトゲが刺さったままとは知らずにそのまま放置。

2,3日前から痛み始めました。

 

自分でトゲぬきでやるには、なんだか奥に入り込んでいるようなので、

ジベル薔薇、しもやけ…と、何かとお世話になっているいつもの長岡の福居皮フ科へ。

 

「今日は、どうしました〜〜!」といつもの和む声。

先生が親指を大きなライト付きルーペで見ると、おもむろにトゲぬきで表面の皮膚ごとズボッ!ズボッ!と…。

(追記:あまりの痛さと衝撃でこのように表現してしまいましたが、その日の夕方にサビオをとると傷口がふさがっていました!さすが!)

 

2回ほどでとれる。

とれたトゲを顕微鏡で二人で眺めたあと、ゲンタマイシン軟膏+サビオ(笑)で終了!

(かなり先のとがったトゲでした)

 

「早く抜かないと、トゲが血管をとおって心臓に行って、死んでしまう」

と母の言葉を思い出します。実際にはトゲは刺さった場所にとどまるようですが、

ほんとに小さなトゲでも気になるモノです。

 

なんだかトゲトゲしい文章になってしまいました。

 

秋の味覚、栗拾いにお出かけになる方、手袋など準備してお出かけください!

例年より寒い気温で、のどがイガイガでしている方も、

グッドラック!undefined

 

明日、日曜日は定休日のため、HACHITENお休みです。

 

【追記】

私と先生で顕微鏡を覗く姿、他から見たら不思議な様相でしょうね。

でも先生と二人で、顕微鏡を覗くとき、

「トゲ」や「細菌」に、愛おしさのようなようなものを感じている気がします。

ともに、こんなに小さくても、生きている、機能している、働きをしている、

でもちょっといる場所が困るので、ちょっとどいて、…みたいな。

 

たぶん、皮膚科になる先生はそう考えるに違いない。

お家に帰ります。  「女王アリは空から」展 9月28〜10月3日

「女王アリは空から」展

ご来店頂いたお客様、ありがとうございました!

BROGではお伝えしていなかったので、お見逃しされた方も多数いるようで…。

INSTAで知ったお客様は、「アリ始めました!ってBROGでも伝えてよ〜」というお声!

ごもっとも。

 

また来年春になり活動が活発になりましたら、ご覧いただく機会を予定しています。

その時はBROGでもしっかりお知らせして、写真も多く展示できるかな…。

お楽しみに!

 

女王アリは、働きアリの数を把握しているようで、その数に合わせて卵を産むそうです。

1年目は10〜20匹とのことなので、今度お見せするときは、もっとにぎやかになっていると思います。

そして、展示写真で紹介した女医アリ子の治療画像。「ノラ」左中足の治療はまだ続いています。

ほんとに不思議な世界が小さなスペースで繰り広げられています。

 

そうそう、「ノラ」の命名由来をご紹介していた画像です!

ご来店できなかったお客様もどうぞ!

ところで、私の名前「知之」・・・知恵に至る。

・・・55歳にもなって、どうも遠ざかるばかりのような気がしてます。ヤシオ

 

『ムネアカオオアリの女王アリ、ある日HACHITENに、「おったまげ〜!」の登場。
上から覗くと、赤い衣装に身を包む「エラノ」張った平野ノラさんに似ているので、
「ノラ」と命名。

平野ノラさんは、「野良猫のように一人ででも芸能界を渡って行けるように」という意味で、ノラと名付けたとのこと。

ムネアカオオアリも、行列を作らず、おもに単独で狩りをする習性があるそうだからピッタリ。

ムネアカ アリオ(私)も、単独で餌を探してコロニーに届けています』。
 

 

今の気分にあった1枚を、あなたと一緒に選びたい…

…と、めずらしく服屋さんらしいBLOGタイトル!

9月、我が家は全員そろって10月始まりの手帖を手にします。(現時点ではヤシオのみ)
サトウから聞いて新年、新春スタート以外にもスタートする手帖ダイアリーがあることを初めて知りました。

何かと生活パターンが変化し、バタバタした2017年、
新年を待つことなく少ない費用で、気持ちを一新したい。

 

私が選んだのは、キョクトウ・アソシエイツの
camino 手帳 2018年 10月始まり A6スリム ウィークリー 緑。

《Camino》とはスペイン語で「道・轍・航路」。
「道を切り拓き、新しいことを進めて行く!」
そんな願いを込めて、使用する人の良きパートナーになるよう作られたようだ。
まさに今の気分にピッタリ!

 

最初、ベージュの表紙のものが目に留まったが、

「年をとった男性は茶系を身につけるな、爺(じじ)臭くなる!」

という父の名言?を思い出し、色は今の気分でグリーンを選ぶ。

偶然にも、今使っているペンのカラーとお揃いのグリーンとブラウンの配色。

届いてみたらモレスキンのような柔らかい表紙にゴムバンド付き!

(とりあえず、なんでも挟む派にはうれしいバンド!)

中身はバーチカルであればそれほど気にしない・・・。

やっぱりいいな、何も記入してない手帖は!


「キョクトウ・・・?」
表紙が、かわい…なつかし…○○学習帳の「極東ノート」も思い出す。
過去にいろんなノートや手帖を手にしてきたけど、最後まできちんと使い切ったことがない。

新学期や今度のテストこそ頑張るぞ!というとき、ノートを買い換えていたような気がする。

もったいないからといって、ページ数の少ないノートやダイアリーでは、夢や希望まで薄っぺらになりそうな気もするし。

 

とりあえず、この手帳で来年の10月まで毎日を丁寧に淡々と・・・。

 

ついでに、camino 手帳のサイトのコピーを参考にHACHITENのこの秋のDMタイトルが出来た!


camino 手帳 サイトより
「新しいことが始まる時、ノートが欲しくなる。
気分にあった1冊を、見つけたくなる」

 

HACHITEN 秋DMタイトル案
「秋・・・、新しい出会いの予感に、服が欲しくなる。
今の気分にあった1枚を、あなたと一緒に選びたい・・・」

(ずいぶんとくすぐったいが、ほんとに使おっかな〜笑)。

 

続々、秋物、冬物入荷中・・・!

ヤシオ

 

神様、仏様・・・。

 本日、日曜日営業の最終日…と、夏休みのお知らせです。

 

 お知らせ致しておりましたように、9月からは、毎週水曜日と毎週日曜日が定休日となります。

(営業時間は11:00〜17:00で変更ございません)

その他不定期のお休みは、オンラインショップTOPのカレンダー(スマホでご覧のp客様はPC版に切り替えると表示されます)または「お知らせ」、FaceBook、インスタグラムにてお知らせ致してまいります。

何かとご不便をおかけ致しますがよろしくお願いいたします。

 

エントランスの「OPEN!」タペストリーも、オレンジ色に戻しました。

緑のタペストリーは、「周りの緑と同化して、わかりずらいなぁ〜」と、お客様のご意見が多数!

「お客さまは、神様」、ごもっとも!

私たちの気付かないこと、誤った考え、独りよがりを教えてくれます。

今回は、緑に映えるオレンジに変更しました!いかがでしょう?

 

そして、来週28日(月)〜31日(日)まで、HACHITENは、夏休みとさせていただきます。

・・・9月からは、新たに入荷した秋物を準備してお待ちしております!

 

夏休み、お盆休み、皆様いかがお過ごしでしたか?

 

私は、この夏休みに娘の受講する「高校生チャレンジ講座」を一日、見学しました。

 

2時間の講座のテーマは、「発達と子供への接し方」

講義はビールとスタンプシール集め(シール集めると何か貰える、当たる的な)が大好きな、大学の先生!

 

要約すると、(レジュメも、メモも見当たらないのでうる覚えです) 

●「発達」とは、「できること」と「できなこと」を繰り返す死ぬまでの営み。

生まれたばかりの赤ちゃんの手に指を置くと、反射的に握るそうです。

でもハイハイをするには、・・・そう、床に手をついたとたんグーになったらハイハイできませんもんね。

なるほど「発達」は、「できないこと」も増えていくんだ、とわかると少し楽になります。

死ぬまで、それを繰り返す…。そう50歳を過ぎても、発達はできるということ!・・・ほっ!

そしてだれでも今は、「発達の過程」だと思えば、偏見もなくなり人や自分に腹を立てることもない・・・かもね???

 

●赤ちゃんや子供との接し方は、簡単な実験道具を作って、大人よりずいぶんと狭い視界を体験。

突然、視界に現れたり、視界にないところから生じる音の不安を体験。子供の視線に自ら下りることの大切さを知りました。

不安な気持ちはそのままに、怖がらずに新しい体験を一緒に試みる大切なアプローチの数々(でも忘れた・・・)。

 

なぜ高校生の講義としてこの2つのテーマを選んだのか???気になっていました。

このBROGの投稿を考えていると意外に、重大なメッセージが潜んでいることに気付きました!

 

「発達は、死ぬまで続くんだよ。

できるようになること、できないようになることを繰り返しながら、

まだまだ君たちは発達し、成長するんだよ。

 

そして、君よりも小さな弱い立場の人の気持ちもわかり、

彼らと一緒に発達・成長していくんだ」

 

そんなことを、ビール好きな先生は伝えたかったのかな…と。

 

神様、仏様に気付いた「定休日変更と夏休み」でした!

 

そして、ブルゾンちえみさん、頑張れ!

 

ヤシオ

 

 

<<back|<12345678>|next>>
pagetop